駄目人間日記

11月の日記

駄目人間日記をいまさらながら読み直しているんですが、よくもまあマンネリ化しないものだなぁと、我ながら感心してしまいました(笑)。

でも、私の周りで特に面白いことが起きているわけではないですね〜。私の持論である「小説よりも映画よりも、身の回りで起こったことこそが面白い」というのは間違っていないということなのであろうか?

さて、ようやく悪夢の日々に別れを告げた私ですが、こうなってくると後はただ暴虐の日々を過ごすだけになっていくのであった(笑)。

11月2日(天野みどり)

大学に書類を取りに言ったら……学祭は2日からだったのね^^;。3日からだと思っていた私はそのせいで書類を取りはぐってしまった。しかも、研究室は誰かが鍵を持ち出したままどこかへ行ってしまったため入れない。おにょれ〜〜〜〜。無駄足になった〜。

とぼとぼと家に帰る。

それから午後4時ごろに秋葉原でおもむろにプレステーション2を買って、実家に向かってGO。親から買ってくるように頼まれていたのだ。

何でわざわざ秋葉原で私に買わせたのかというと、「秋葉原ならほんの少しでも値引きされているのではないか?」というしょうもない理由から。まあ、実際Laoxで300円引きの\39,500-の価格表示に、買うとクーポン券が1,600円分ついてくるのだから、確かに値引きにはなっている。

でも、これって買った私しか得はしないのだぞ(笑)。

実家に到着後、早速プレステ2を動作させる……あまり面白くない。ためしに東鳩を動かしてみるがやっぱり面白くないのであった^^;。

11月3日

家で真岡鐡道(うう、「鐡」の字が出ないぞ)の水戸線乗り入れのダイアグラム確認と撮影場所下見で1日つぶれる。

11月4日

朝早く起きて、蒸気機関車撮影に出動した。

街を歩いていると学生服を着た高校生がちらほら。そうか。今日は第2、第4土曜日でないから学校があるんですねぇ。高校生以下の鉄道マニアは今日は涙を飲んだかもしれない。

川島駅に停車中のC11-325

まずは川島駅に止まっている臨時回送列車を撮影。この時間の川島駅は鉄っちゃんがあまりいなかった。停車中の列車を撮影しながらにわかに鉄っちゃん同士で雑談したりする(笑)。

次に電車で小山に移動。沿線の鉄っちゃん出動状況を観察したが、鬼怒川鉄橋が20人くらい(JR職員含むでその他の場所にはほとんど来ていない模様。う〜ん、追っかけが多いのであろうか?

小山到着。回送列車の入線まであと30分程度といったところ。

しかし、すでに入線ホームには警備員が10人近く配置され(!)、鉄っちゃんやお子様連れがそれなりに来ている(笑)。さすがにこのイベントは目をつけられているようだ。

10分前ともなるともうホームはカメラを持った人が並んでいる状況(笑)。警備員さんの「いい写真とってくださいよ」のヨイショも飛ぶ(笑)。

そして……おお、回送列車が入ってきた! 鉄っちゃんはみな必死にシャッターを切る! 私は……あまりうまく撮影ができなかったような気がする。トホホ。

小山駅に入線したC11-325

列車到着後はもう人入り乱れての撮影会。うみゅ〜。写真でも分かるかと思うけど、本当にすごい人だったのだ!

さて、小山駅構内での撮影はこの辺にしておいて、改札を出る。私の本命は小山駅出発後の最初のカーブで力行してくる機関車を収めることで、それをするのに最適な踏切も見つけてある(笑)。早速そこに向かう。

現場到着。警備員が2人踏切に張り付いています。見回してみれば1つの踏切に必ず2人の警備員をつけて安全を確保するとともに、さらに撮影絶好ポイントにも警備員をつけるというかなりの厳戒態勢。午前中の水戸線は線路容量限界まで列車が走っているだけに事故にはぴりぴりしているようだ。

先客の鉄っちゃんは2人。しばし雑談をしながら列車がくるのを待つ。さらに近所の人などもたくさん集まってくる。

ちなみにちゃんとしたカメラを持ってきた人で、手持ち撮影は私だけでした(笑)。やっぱり、動いている機関車を取るには三脚は必須のように見える。私も結構カメラのブレ対策には苦労していたりする。

そして10時。汽笛の音が響き、汽車がこっちに向かってくる〜。ばっちり煙も収めてご満悦。と、いったところで私は実家に引き上げていくのでした。

午後はプレステ2の威力を見るためのDVD鑑賞で1日終わり。

11月5日

結城駅での回送列車

今日は結城駅で回送列車と出発を狙う。

入場券で中に入り、とりあえず回送列車撮影。外国の方も写真撮影をしている。外国からきた鉄っちゃんか?

それから下り線ホームにて待機。待つこと30分。遠くから汽笛が聞こえてくる。独特の音からか到着まで6分近くあるにもかかわらず汽笛が聞こえる。それでいて近くで聞いても耳に違和感がない音だ。こういったところも蒸気機関車が根強い人気を誇っている理由の1つなのかもしれない。

結城駅に入線したC11-325

そうして待っているうちにホーム入線。早速ばっちり撮る。

そうしたら上り線ホームに移動して(あわだたしいな)出発の瞬間を狙う。出発時刻が近づくにつれ煙突からもうもうと煙が上がる。おお、これが蒸気機関車だ! カメラを持つ手にも力が入る。

しか〜〜し、ぎゃ〜、汽笛の水蒸気の写真撮影に失敗〜(涙)。続いてのドレンはうまく収めたけど、慌てていたのでぶれてしまったかもしれない(汗)。

全般的に今日の撮影は大失敗だったのでありました(涙)。とほほ〜。

11月6日

とりあえず家に戻ってきた。帰ってきたら寝てしまい(!)、結局今日は日記を書く以外にやることがなくなってしまったのであった(苦笑)。

テレホに入ったので4日分のメールを落とす……。全部落とし終わるのは次の日になってしまった。

11月7日(長岡志保)

志保ちゃん情報によれば今日は長岡志保の誕生日らしい。

「やっほ〜、ヒロ」

「何だよ、今日はやたらとハイテンションだな」

「もう、今日が何の日か忘れとは言わせないわよ〜? それを考えたら、私がハイテンションになる理由もわかるでしょ〜?」

「はいはい、そういうことね」

「そういうことで、ヒロ。プレゼント頂戴」

「なんで俺がおまえにプレゼントをしなくてはいけないんだ」

「まあ、何てこと言うの!? 中学以来の親友にプレゼントがないだなんてとんでもない話よね〜。私とヒロの仲はそんなものだったんだ!」

なんて会話が交わされているのかもしれないぞ(笑)。

ちなみにこの日は1日玉砕。

11月8日

緊急事態だにゅ。ひょえ〜〜〜〜。

11月9日(森村恭子)

ただ、ぐうたらしていた。

11月10日(多上愛姫)

起床は12時。もう、この段階でその日はぐうたらな生活になるのであった。

夜に入ってUOに突入にゅ。

11月11日

今日も起床は12時。とりあえず飯を食って、洗濯物をまわしてとかやっていたらあっという間に15時。

今日のうちに新宿蔦谷で借りたCDを返しに行かないといけないので、とにかく新宿へ向かう。で、またCDを借りてくると。もはや泥沼(笑)。

まあ、鬼のようにCDを借りているおかげで、ついにMP3のファイル総数がついに4,000曲を超えたのであった。

さて、新宿からの返す刀で秋葉原に行く。この段階でもう午後4時半。冬至が近いからもう暗いのね。秋葉原の馴染みの店を巡回する。

巡回終了後「げっちゅ〜げっちゅげっちゅ」で私の脳細胞を破壊したcomike.comに行ってみるがこちらは大外れ。商売やる気があるのだろうか……?

で、帰り道。Laoxゲーム館でときめきメモリアルゲームファンドの受付が行われていた。店先は「勇気の神様」がエンドレスで流れ、コスプレねーちゃんが勧誘をしているというある種異様な光景。あまりにも異様だったので、写真撮影する気が起きなかったのであった。

帰ってきてからは、ウェブページメンテナンスと、メーリングリストの返信を一通りやってから、テレホタイムに突入してUOとIRC。今日も1日平和に終わるのであった。

11月12日

年末に向けてアルバイト情報広告を読み漁る。で、履歴書書いている^^;。

11月13日

アルバイトの面接。まあ、年末はどこも人が足りないのでよほどのことがない限り採用にはなるのであろう。きっと。

ちなみに、今日は面接があったおかげでしばらくぶりにぐうたらな生活から開放されたのであった。

11月14日(佐倉楓子)

大学の研究室、新宿、秋葉原のどさまわりで1日終了。

夜はギルドラブひな人気闘票のページを30分くらいで作成。しかし、ここで項目の作成にいくつかいちゃもんがつく(苦笑)。「景太郎 x 素子姉」って、そりゃまずいやん(笑)。

11月15日(柏木楓)

アルバイト採用の連絡は今日もこなかった……。って、気が早すぎるのか。一応今週中ではあるけど。来るなら早く来てほしいなぁ。

まあ、今日は1日家に缶詰になったため面白いことは一切ないのであった。

早くアルバイト始めたいよ〜。

11月16日

アルバイトの採用のご連絡が電話でかかってくる。早速明日から出てほしいとのことだ。ひまなので当然OKの返事をする。

11月17日

今日は朝から冷たい雨が降っている。しかもかなり強い。

アルバイト初日がいきなりこれではたまらない。でも、行くと言ってしまったのだから行くしかないのであった。

とりあえず、蓮根まで電車で移動してそこからしょんぼり歩いていく。正しく時間計測をしたので集合時間の10時15分前には現場に到着した。

さて、今回のアルバイトは黒猫ヤマトのお歳暮の商品積み込み作業。若い人間はこの手の仕事をやりたがらないというのが通説であるが、実はお歳暮商品は極端に重い荷物はないので仕事が楽なのだ。私はそういう事情を知っているので、嬉々としてアルバイトに応募したのだった。

さて、社員の方や、定期的に仕事にきている人(臨時アルバイトの常連さん)といろいろ話をして早速仕事開始。今日の作業は仕分け作業場の設置で、これはコミケの机並びに通じるところがある。仕事はときおり力を必要とするけれども、全般的にすごく楽。

そんなこんなであっという間に1日の作業は終了。そのころには雨もあがって、落ち着いて帰路につくことができたのであった。

11月18日

今日も現場に向かう……前にコートと手袋をクリーニングに出しに行く。手袋は1ヶ月もかかってしまうらしい。とほほ。でも、仕方がないか。

さて、今日は朝から気持ちのいい青空。アルバイト期間中ずっとこんな天気が続けばいいのだが……。

現場到着。昨日の作業の続きを行う。しかし、2日目というだけあってみんな慣れてしまったのか、2時過ぎには作業終了。

しかし、そこはそれ。タイムレコーダがまだ稼動していないのをいいことに、終了時間は3時とタイムカードに記入してこの日は作業終了となるのであった。

アルバイトのほうは23日までお休みなので、しばしの間また暇になってしまいそうである。こういう穴にうまくアルバイトができれば良いんだけど、なかなかそうもいかないか。

帰りはオープンしたばっかりのスーパーマーケットに寄って、定番のトイレットペーパを大量調達する。これは、基本だ。

11月19日

市川大野駅

う〜ん、ギャルゲーの誕生日は23日までお預けか……。

今日は日本ハムファイターズのファン感謝祭。と、言うわけで用意万端……というわけには行かなかった。忘れ物とかで出発は9時半ごろになってしまうという大失態をやらかしてしまった。

気を取り直して、再度出発。JRはパスネットにまじめに対応してくれないので、わざわざ切符を買わないと市川大野まで行くことができない。まったく、とんでもないことだ(ぷんぷん)。

さて、市川大野に到着。しかし、ここら辺って本当に東京駅45分圏内なのか? 駅前というのにさっぱり中途半端に寂れた風景が広がっている。

バスの待ち行列

しか〜〜し、電車から降りてみるといかにもな行列が並んでいる。もちろん、無料送迎バスの行列なのだが、これは時間がかかりそう。この行列だけで30分はつぶれてしまうのであった。ああ、出発に手間取ってなければと悔やまれてならない。

そのせいで、鎌ヶ谷ファイターズタウンに到着したときには、ほとんどの開会セレモニーが終わってしまったのであった。しょんぼり。

けんたろうお兄さん熱唱中

そのあとはひたすら、チャリティーサイン会でサインをもらったり(金村選手と野口選手のサインげっちゅ)、速水けんたろうのミニコンサートで燃えてみたり、速水けんたろうと握手をしてみたり、岩ちゃんの漫才(?)トークショーで大笑いしてみたりと、楽しい出来事が続く。

あっという間にファンフェスティバルは終了。本当ならここでFIFAの人たちと合流しなければならないのだが……4時まで待ってもその姿が見えない……。仕方がないので帰る。

まあ、財布には飲み会に絶えられるお金は残っていなかったので、かえってよかったのかも……。はぁ。今度緊急連絡電話番号でも聞いておこう。

11月20日

ただただ暇を持て余していた。本当はお金を郵便局に下ろしに行きたかったのだが、極寒地獄&雨のため見送り。

11月21日

昼頃まで寝て、午後から各種作業。でも、基本的に今日も暇。

11月22日

今日も昼頃まで寝て、それからいろいろと書きもの。通信用語の基礎知識の鉄道編用に赤字83線と特定地方交通線の線名を全部起こすがこれの作業に1時間半……。

さて、明日はキャラフェス。万端の準備で臨みます。

11月23日(松岡千恵)

今日はイベントということもあって、早起きする。朝食等はこういうときはいつもコンビニで調達している。でも、朝食のコンビニおにぎりはあまりおいしくないのであった。

今日のキャラフェスティバルの会場はイベントのことならお任せの東京ビックサイト。いつもどおり都営地下鉄1日乗車券で新橋駅に赴く。そして、何もいわずにゆりかもめ乗車場にむかう。パスネットを持っているので行列は無視してホームへ。相変わらず混んでいる。しかし、これはお台場海浜公園までの辛抱。ぐっと耐える。

通常なら青海駅を過ぎたところでゆりかもめは人がガラガラになるはずなのだが、今日に限って国際展示場正門まで人がたくさん乗っていた。しかもお子様連れが多い。駅を降りればダフィーもいるし。

今日はお菓子の展覧会といういかにも子供向けのやつと、宝島が同時開催のようだ。宝島にいたっては西4ホールと、間違ってキャラフェスと勘違いする人も出そうな雰囲気。

アニメワールドスターで発売されていた銀色のテレカ

さて、私が現場についたのは午前10時20分。西3,4ホールに向かう屋外階段を上るのだが、その麓で料金徴収をしている。\1,200-を払う。何で前売り券を売らなかったのかというと、ダフィーが出ることを心底嫌ったからのようである。

一般待機列に到着。この段階で一般待機列は半分以上が会場に入っている模様。10分くらい待っただろうか、私の列も動き始める。

ところで、こういうイベントには間違っても彼女を連れてくるものではないと思うのであるが、困ったこと(?)に私の周りかカップルが4組近くいたりする。う〜ん、いったいどういう神経なのやら。

会場に入ったら早速ねこねこさんのところに並ぶ。大体50人くらいが並んでいただろうか。F&Cのような大物は別格としても、しっかりと行列を作っているねこねこさん、さすがです。

販売開始は10時30分からなのでまだ行列は進まない。しかし30分を過ぎても販売は始まらない。はて?

と、思ったら40分ごろに「販売を開始してください〜」の場内アナウンス。どうやら、号令をかけるのをてんで忘れていたらしいな。なかなか手際は悪そうだ。もっとも、手際が悪いからといって会場が混乱を起こすというような人の入りではないのは幸いか。

で、買い物は私の順番に。当然セットで買う。途中で考え直してクリアファイルと学習帳を2つずつ買う。って、これは最初からセットなんじゃないですか?

ところで、このクリアファイルと学習帳は1セット500円で良いんですよね? 私は2セット買ったんですが1000円渡してから2セットと言ったので会計にすごく不安を覚えるのであった。まあ、いいか。

まあ、今日のところはこの程度でイベント終了(をい)というのでは問題なのでこのあと他のブースも冷やかしに行く。とはいえ、ついに財政再建3ヶ月計画が発令されている私がそんなにたくさん物を変えるはずもなく、

というのがやっとなのであった。はぁ。

しかし、銀色テレカは絵の選択を間違っているような気がするんですけど、もうちょっと他のやつにできなかったのだろうか。いくらなんでも悲劇的瞬間の場面を使うことはなかろうに。

さて、この段階でまだ11時になっていない(超爆)。適当に時間をつぶすのには、あまりにも退屈すぎる。しょうがないのでイベント会場、ステージに移動。

やたらと寂れたステージでは何を歌っているけど、さっぱり面白くない。大体、ギャルゲー歌手の歌がすごくうまいとか(Liaさんとか、彩菜さんは別格として)、曲がすばらしいということはあまりないのだから当然といえば当然か。

ならばコスプレ撮影だ! しかし、イベント自体が駄目駄目な感じで、さっぱりかーいーねーちゃん、もとい素敵なお嬢さんはいない。CC2000でさえちゃんと素敵なお嬢さんはいたのに……。それだけに企業ブースのコスプレはやたらと輝いて見えたのでした。

そういう状況なので、12時半には私はぶち切れしてしまい、進路を秋葉原に向けていた(笑)。結局そういうことに落ち着いてしまうのだ(笑)。

秋葉原に登場した演歌の宣伝カー

秋葉原では持っていたてんやのクーポン券を使って豪華な天丼を食することができて大満足。ああ、幸せ。

その後はいつも通り馴染みの店を巡回。年末商戦真っ只中で秋葉原は熱い。いつでも熱いような気もするけど。あきばお〜にでブライトシーズンのカタログと、琴村屋・TORSIONの「みすずちんのがおがおパニック」を購入。ステージななの「Duette“A”」も買えばよかったかなぁ。ちょっと後悔。

ちなみに、ブライトシーズンのカタログは買っては見たものの、財政再建3ヶ月計画の真っ只中なので結局は行くことができなそうなのであった。

それからT-ZONEミナミへ。ここでなぜか私はプリンタ売り場でEPSON PM-900Cを予約してしまう。財政再建3ヶ月計画はどうしたのだ? 結局15日早く打ち切られて、新財政再建3ヶ月計画が始まるのであった。

仕切りなおしの第1段として、銀色 x Whiteのサウンドトラックを石丸電気で予約しておく。型番も控えて早速こちらは掲示板等で報告することにしよう。

秋葉原でのすべての予定を終えて、さあ、小川町駅から沈没だと思った矢先、怪しげなバンを発見。演歌歌手の宣伝カーだ! 「逢いたいおっ母さん」という、なんだかタイトルだけで売れなそうなものだが、それでも演歌歌手は必死なのだろう。その努力に敬意を表して、こうして日記に掲載したから少しは感謝してくださいね。

ちなみに、演歌は宣伝に金をかけないらしく、たとえばウイルスバスターの宣伝バスのような車の全面塗装広告など、夢のまた夢なのであろう。

11月24日(雛山理緒)

ようやくアルバイトが本格始動する。とはいっても荷物は軽いものなのでとにかく楽チン。今日は午後2時までには仕事が終了する。

帰りは近くにオープンしたコジマに寄って鼻毛切り機を買っておく。

11月25日

アルバイトの仕事がだんだんきつくなってくる(笑)。結構単調な作業で気が滅入ってくる事この上ないのであった。

さて、こないだのSL撮影の写真が上がってきたので受け取りに行く。時間がかかったのはわざわざCD-Rサービスを利用したからだ。う〜ん、4日くらいでできないものだろうか。

で、早速見るがAPSでISO400というのは品質がよろしくないらしく、これではデジカメに完全に負けているという感じである。うううう〜ん。いやはや、これは考えさせられるなぁ。

11月26日(緒方理奈)

粉雪が空から
やさしく下りてくる
手のひらで受け止めた
雪が切ない
どこかで見てますか
あなたは立ち止まり
思い出していますか
空を見上げながら

タッチおじさんwithツクモ

と、いうのはさておき、今日は日曜。23日に頼んでおいたプリンタが届いているはずなのでT-ZONEに向かう。

で、ついに最新型超高級プリンタEPSON PM-900Cを購入してしまったわけだ。これにより、国鉄(違う)の債務もかなりのものになってしまい、もう後に引けない状況になったともいう。

さて、その帰り道、今度はこんな生物を発見。タッチおじさんというやつだな。加藤茶に似ているような気がするのは気のせいだろうか?

まあ。家に帰ればとにもかくにも設置。Windows2000マシンに接続し、さらにそれをネットワークプリンタとして設定する。この作業だけで4時間つぶれる。さすが。

たったこれだけの作業で今日は1日沈没してしまうのであった。

11月27日

今日もアルバイト。9時から開始なのでここに来てついに駄目人間の生活から開放(?)されるのであった。その一方で大学のほうがおろそかになるというのはさすがだ。1週間に1度くらい顔を出すようにといわれているのだが。

今日も単調なアルバイト。いや、単調ではなく、眠いアルバイト。荷物運びなのに眠いとは不謹慎な(笑)。と、いっても本当に眠いのだから仕方がない。

アルバイトは始まって以来の通常勤務時間(午前9時〜午後4時)となった。実際のところ、毎日がこうでないと財政再建3ヶ月計画がお釈迦になるので 実際のところは毎日がこうであってほしいというのは本音。

家に帰ってからはやることがない。プリンタの設置は昨日のうちに全部終わらせてしまったから……。う〜ん。つまらない。CD-Rプリントキットの調節でもしてみるか。

11月28日

今日も通常業務。普通に仕事を始めると日記がさっぱり面白く書けない。これはアルバイトが込んできてからの非常な実感。4月からこの日記もさびしくなってしまうのであろうか。

まあ、そこら辺をいかに見せないかが私の骨頂なんですがね(笑)。

今日は私の強力なプッシュの元、黒猫大和が焼き豚を内部販売することとなった。約180gの焼き豚がたったの\525-で買えるという大盤振る舞い。これを普通にデパートで買うと\1,000-はくだらないので、ここは大きく10本ほど買う。

そんなわけで、今日は結構有意義だった。家に帰ってから焼き豚を食すが、なかなかの美味。さすがにお歳暮商品となるだけはある。

11月29日

就職先企業から呼び出しを食らったので、早速そこへ向かう。何でも、研修でお世話になる会社への挨拶ということらしい。

しかし、ここでは私ははちゃめちゃをやってしまう。どうも、このとき精神状態が崩壊していたらしい。おとといから浮かれすぎていたのが原因か? そのことに関して後で怒られたのはいうまでもないのであった。

その後大学に移動して各種手続き。もっとも、これは20分ほどで終了。

それから家に戻って、私の住んでいる大家さんのところに出向く。CATVの工事の件で話があったというのがその理由。無論、昨日の焼き豚を持っていくのは忘れない。

それが済んだら今度は日暮里駅で父親と待ち合わせ。そこで昨日買った焼き豚の受け渡しが行われる。哀れかな、買った焼き豚はこの段階で私の手元には2個しか残らないのであった(苦笑)。もっとも、知り合いに大量配布することが目的で買ったのだから当然といえば当然の結果であるが。

夕飯は父におごってもらうこととなったが、家にはご飯が大量に残っていたのでどうかなあと思ってしまったのであった。まあ、そこはうまく明日の朝に回してカバーすることにした。

11月30日

今日も通常業務。特に目新しいことなし。

日が短くなったことに、ただ冬至が近いことを感じた。それだけの1日であった。